たかや雑記

36歳の独身サラリーマン。2017年に株式投資を開始。2019年まで投機をメインに運用し資産を減らしました。2020年からは投資をメインに活動中。

株式投資 2月第4週の成績(金利ショック)

2021/2/26(金) 大引け後のポジションおよび成績を報告をしたいと思います。

・現物株  

 Iシェアーズ・コアJリート (1476) 

 NFNYダウ (1546)

 

    評価損益額     +129,480円
 評価損益率          +22.41% 

 
        
先物・オプション
 ポジションなし


iDeCo
 楽天・全米株式インデックス・ファンド  
    
 積立累計額               12万円
 評価損益額         +34,937円
 評価損益率              +27.9% 



・つみたてNISA
 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)


 積立累計額         13.75万円

 評価損益額        +18,466円
 評価損益率           +13.42% 

 

 

投資信託(特定口座)

 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

 積立累計額            1.2万円

 評価損益額           -849円
 評価損益率             -7.07% 

 

 

SBI証券 かんたん積立アプリ(特定口座)

f:id:IPOtan:20210227085318p:plain

f:id:IPOtan:20210115182406p:plain

 投資比率

 株式 18%、債券 43%、REIT 34%、金 5%

 

 積立累計額            0.6万円

 評価損益額         +204円
 評価損益率             +3.4%

 

 

ポートフォリオ一覧

f:id:IPOtan:20210227085339p:plain

株式投資 2月第4週 ポートフォリオ

 

ポートフォリオ評価損益          +182,238円

ポートフォリオ評価損益率        +21.36%

 

実現評価損益
-1,901,950円

 

 

 

 

 ・楽天証券

f:id:IPOtan:20200603195320p:plain

メインで使用しているのが楽天証券です。

PCのマーケットスピードのお気に入りに銘柄を登録すれば、スマホのアイスピードでも閲覧可能です。

楽天銀行の口座と連携可能で、即座に出入金できます。

優遇金利は0.1%です。

 

 

 ・SBI証券

f:id:IPOtan:20200603200359p:plain

先物オプション取引SBI証券を利用しています。
スマホのハイパー先物OPで使用できる、OPシュミレーターはかなり使えます。
分かりやすいので、オプションのシュミレーションは毎度スマホで見ています。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

 

マネックス証券

f:id:IPOtan:20200603200608p:plain

マネックス証券では、リアルタイムで新高値・安値の銘柄数が分かるので、相場の強弱を感じ取ることが出来ます。

さらに、投資部門別売買状況で海外投資家や個人投資家の売買状況を見ることができます。

口座を開設( 無料 )しないと見れません。

 

マネックス証券 株主優待